ブラウザが対応しているか判定

sessionstrageがブラウザで使えるかの判定から、値の設定、取得、削除の流れです。
実際アラート出してますが、他にCookieを使う処理にしたりとか、 代替方法を考える必要がありますね。

if (!window.sessionStorage) {
  alert("お使いのブラウザはsessionstorageに対応してません。");
}

function set(){
    window.sessionStorage.setItem('test', 'テストで入れてますよ');
}

function get(){
    alert(window.sessionStorage.getItem('test'));
}

function del(){
    window.sessionStorage.removeItem('test');
    alert("削除しました。");
}

sessionStrageはブラウザを閉じると消えます。 逆にlocalStrageはブラウザを閉じても消えません。
若干使い道が思いつかないのですが、フォームとかの入力値を保存しておくとかに便利かもしれないですね。
一度入力して一時的に保存しておくという動きには扱いやすいのではないでしょうか。Cookieだと有効期限の設定やらなんやらがあるので、 若干面倒。とか?
しっかりした使い道が未だにわかってないです。ちゃんと勉強します!!

ページ分けて書いてしまって確認しづらいですね。
気にしませんけど。